通年雇用助成金

通年雇用助成金
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

降雪量の多い地域では冬場の継続雇用が難しいため、季節労働者が多いのが現状で、雪の少ない地域との格差が大きくなる一方です。

季節労働者は雇用が不安定だったり、事業主も人材確保が難しいなど、労働者、事業主ともにデメリットが多いのは言うまでもありません。

このデメリットを解消すべく通年雇用助成金が創設されました。

どのような助成金なのか、ここで詳しく解説してみたいと思います。

通年雇用助成金について

通年雇用助成金

そもそも、通年雇用助成金とは北海道など降雪量が多かったり、寒い地域で冬場の雇用が不安定な季節労働者を年間を通じて雇用するために生まれた助成金です。

この助成金を活用することで、季節労働者の雇用の安定化が図れます。

対象となる地域

この助成金を支給するのに対象となる地域は北海道、青もおり、岩手および秋田の全市町村、宮城、山形、福島、新潟、富山、石川、福井、長野および岐阜の一部の市町村と決まっています。

対象となる業種

さらに、指定となっている業種は

林業採石業および砂、砂利または玉石の採取業、建設業水産食料品製造業一般製材業野菜缶詰、果実缶詰または能さん保存食品の製造業セメント製品製造業建設用粘土製品の製造業特定貨物自動車運送業、建設現場において据付工事を行う造作材製造業、農業などとなっています。

受給額

最も基本的な継続雇用の措置に事業所内就業、事業所外就業があります。

受給額について見てみましょう。

・1回目対象期間に支払った賃金の3分の1(71万円を上限とする)

・2回目対象期間に支払った賃金の2分の1(54万円を上限とする)

他にも

一時的な休業、季節業務以外への業務転換、職業訓練の実施、一時的な休業、新分野の事務所設置・整備、季節労働者のトライアル雇用なども対象となっています。

なお、季節労働者のトライアル雇用を行った場合は常用雇用となった日から6カ月の間に支払った賃金の2分の1からトライアル雇用を行うことで支給されたトライアル雇用助成金の額を差し引いた金額となっています。

通年雇用助成金まとめ

通年雇用助成金について詳しく解説してみました。

通年雇用助成金は雪の多い地域での人材確保や労働者の生活の安定のために有効な助成金です。

事業主が積極的に事業を展開するためにもぜひ活用していただければと思います。

経費の助成以外にも新しい分野に取り組むための経費助成が対象となる場合もあるので、検討してみてはいかがでしょうか?

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。