トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)は、職業経験不足から就職が難な求職者を原則3カ月間のトライアル雇用することにより、その適性や能力を見極め、正規雇用への移行のきっ かけとして目的とした制度です。

労働者の適性を確認した上で正規雇用へ移行することができるため、就労のきっかけとなります。

事業主は、「トライアル雇用求人」を積極的に提出することが要です。

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)とは

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)

1人当たり、月額最大4万円(最長3カ月間)事前にトライアル雇用求人をハローワーク、地方運輸局、職業紹介事業者に提出、その紹介で対象者を原則3カ月の有期雇用で雇い入れ、一定基準を満たした際に、助成金が支給されます。

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)を行うに当たって、雇用関係給付金の取扱いについての同意書を労働局に提出している職業紹介事業者トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)「トライアル雇用」は、職業経験不足から就職困難求職者を原則3カ月間の試用することにより、その適性や能力を見極め、正規雇用への移行のきっかけとする制度です。

労働者の適性を確認した上で正規雇用へと移行することができるため、適性診断できます。

「トライアル雇用」の対象者

  1.  紹介日時点で、就労経験のない職業に就くことを希望する
  2. 紹介日時点で、学校卒業後3年以内で、安定した職業に就いていない
  3. 紹介日の前日から過去2年以内に、2回以上離転職を繰り返している
  4. 紹介日の前日時点で、離職している期間が1年を超えている
  5. 妊娠、出産・育児を理由に離職し、紹介日の前日時点で、安定した職業に就いていない期間が1年を超えている
  6. 就職の援助を行うため特別な配慮を要する。 期間の決まりのない労働契約を締結し、1週間の所定労働時間が通常の労働者の所定労働時間と同等であること。

パート・アルバイトなどを含め、一切の就労をしていないこと。

生活保護受給者、母子家庭の母等、父子家庭の父、日雇労働者、季節労働者、 中国残留邦人等永住帰国者、ホームレス、住居喪失不安定就労者。

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)まとめ

様々な事由で就労できていない方が3カ月の試用期間で結果を出せば正規雇用の道も見えてきます。

申請するからにはこのチャンスをものにするという意気込みで取り組まなければ、企業はその間トライアル社員を厳しくチェックしています。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。