トライアル雇用助成金(若年・女性建設労働者トライアルコース)

トライアル雇用助成金(若年・女性建設労働者トライアルコース)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

わが国では現在、人手不足が深刻化しており、事業主の多くが求人募集を行っている状況です。
特に建設業は危険が伴い保険料率が高いため、求人が集まりにくいです。

そこで、トライアル雇用助成金(若年・女性建設労働者トライアルコース)の創設により、事業主が若い方や女性を建設技能労働者として試験的に雇用するための仕組みづくりが行われています。

今回はトライアル雇用助成金(若年・女性建設労働者トライアルコース)について解説したいと思います。

トライアル雇用助成金(若年・女性建設労働者トライアルコース)について

トライアル雇用助成金(若年・女性建設労働者トライアルコース)

建設業は男性の職場、肉体労働でキツイというイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか?

ですが、実際には施工主と業者との間に立ちコミュニケーション能力を求められる職場です。

そのため、この助成金を出すことで未経験の方が建設業に雇用され試験的に働くことで正しいイメージを持ったり、働きがいを感じる可能性もあるなど、雇用主と求職者のどちらにもメリットがあると言えます。

政府も、女性が社会で活躍するのを促進していることから、事業主も積極的に女性を雇用しているところも増えていますが、この制度を導入すればより雇用する際のリスクを軽減できます。

支給の対象となる事業主

この助成金は中小の建設事業主のためのもので、支給の決定がなければ受給することができません。
同居の親族のみを雇用していたり、一人親方などは受給することができないため注意が必要です。

支給の対象となる労働者

では、支給の対象となる労働者について見てみましょう。

対象となる労働者はトライアル雇用を開始した時点の年齢が35歳未満の方や女性に限定されています。

さらに、トライアル雇用の期間中、主に施工管理の仕事や建設作業の現場で現場作業をする人と決まっています。

つまり、営業や経理、設計や測量などの業務に就いている人はこの制度の対象外となるため注意が必要です。

トライアル雇用助成金(若年・女性建設労働者トライアルコース)まとめ

トライアル雇用助成金(若年・女性建設労働者トライアルコース)について概要や対象となる事業主などについて解説しました。

ちなみに、支給対象期間1カ月につき4万円の支給となっており、事業主にとって非常にメリットが大きいです。

また、建設業に興味のある若い方や女性にとってもメリットがあるため、興味のある事業主は優秀な人材を確保できるチャンスです。ぜひ、導入を検討してみてください。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。