トライアル雇用助成金(障害者トライアルコース)

(障害者トライアルコース)

こんにちは助成金co.jpです。

この記事は、トライアル雇用助成金(障害者トライアルコース)とはどういった助成金なのかを出来るだけ分かりやすくまとめた内容となっています。

この助成金は厚生労働省とハローワークが主体となり制定されたもので、企業にとって人材確保に力を入れることができ、安定的な就職が困難な求職者にとっては雇用機会を得ることが可能になり、早期就職の実現を図ることが出来るものです。

主な支給要件や概要を分かりやすく説明する記事なので、細かい条件や例外など知りたい方は各種窓口や厚生労働省のHP等を参考にしてください。

トライアル雇用助成金(障害者トライアルコース)とは

トライアル雇用助成金(障害者トライアルコース)の概要はハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、就職が困難な障害者を一定期間雇用することにより、その適性や業務遂行可能性を見極め、求職者及び求人者の相互理解を促進すること等を通じて、障害者の早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的とすると記載があります。

簡単に言い換えると「ハローワーク等の紹介で、就職が困難な障害者トライアル雇用(3~6ヶ月のお試し雇用)をすることで雇用機会を増やしましょう。そして協力してくれる事業主は助成金が貰えます」というものです。

対象となる障害のある方は、障害者トライアル雇用で継続雇用する労働者の雇い入れを希望している方で以下の「いずれかに当てはまる方」です。

  1. 終了経験がない職業に就くことを希望する方
  2. 過去2年以内に離職か転職を2回以上している方
  3. 離職している期間が6ヶ月を超えている方
  4. 重度身体障害者、重度知的障害者、精神障害者

雇い入れの条件は主に下記の2つです。

  1. ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により雇い入れること
  2. 障害者トライアル雇用等の期間について、雇用保険被保険者資格取得の届出を行うこと

雇い入れの条件は以上の二つ以外に「雇用関係助成金共通の要件」などいくつかの支給要件があります。

過去に不正受給や保険料の滞納がないこと、事業内容についての審査を受けることなどたくさんの要件がありますが、うしろめたい事情がない事業主にとっては問題はないと思われます。

助成金の支給額は「支給対象者(対象労働者)1人につき」下記の条件で決まります。

①対象労働者が精神障害者の場合、月額最大8万円を3か月、月額最大4万円を3か月(最長6か月間)

②①以外の場合、月額最大4万円(最長3か月間)

まとめ

トライアル雇用助成金(障害者トライアルコース)は「ハローワーク等の紹介で、就職が困難な障害者トライアル雇用(3~6ヶ月のお試し雇用)をすることで雇用機会を増やしましょう。そして協力してくれる事業主は助成金が貰えます」というものでした。

「就職に不安を持っている求職者」と「求職者の適性を見極めてから常用雇用に移行したい事業主」の双方にメリットのある助成金だと思います。

さらに詳しく知りたい方は下記URLの厚生労働省のHPと各問合せ先を参照してください。

障害者トライアルコース・障害者短時間トライアルコース

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。