東京都 水辺のにぎわい創出事業(新たな水辺のにぎわいを創出する施設整備事業)助成金

こんにちは助成金co.jpです。

東京都および東京観光財団は東京都が旅行者が何度も訪問したくなるようなまちづくりを推し進めるため、さまざまな助成金制度を設けています。

中でも、助成金制度は東京都の水辺空間ににぎわいを生み出す事業に対し経費の一部を助成する制度がとなっており、一定の条件を満たせば助成金が受給できます。

該当する事業者はぜひ、この助成金制度を活用していただければと思います。

東京都 水辺のにぎわい創出事業(新たな水辺のにぎわいを創出する施設整備事業)助成金について

東京都水辺のにぎわい創出事業(新たな水辺のにぎわいを創出する施設整備事業)助成金の助成対象者などを詳しく解説します。

助成の対象となる者

民間事業者、商工会など、水辺活動団体、観光協会など

なお、商工会とは商工会法に基づく商工会および商工会連合会、商工会議所に規定する商工会議所が対象となっています。

また、水辺活動団体とは水辺を活用したまちづくりに取り組む団体のことで、一般社団法人または特定非営利活動法人である水辺活動団体、公益財団法人、公益社団法人などです。

対象となる事業

対象となる事業は次の通りです。

東京都の水辺ににぎわいをもたらす施設整備事業

なお、東京都の事業者向け東京都感染拡大防止ガイドラインに基づくコロナウィルス感染拡大防止策を講じることが条件です。

助成率

この助成金の助成率は

  • 初めてこの助成事業に申請をする団体については助成対象経費の3分の2以内
  • 過去にこの助成事業に申請したことがある団体については助成対象経費の2分の1以内と決まっています。

助成限度額

助成限度額は

1事業者につき1,000万円以内となっています。

ただし、プロジェクションマッピングを行うイベントに限り、1事業者当たり1,500万円以内となります。

申請書類

なお、申請に必要な書類は

  • 第1号様式(交付申請書、事業計画書)
  • 企画書
  • 事業費経費別明細
  • 申請書提出書類チェックシート

などです。

添付書類

添付書類は

  • 協議会に関する書類
  • 申請団体に関する書類
  • 施設整備に関する書類

などとなっています。

東京都 水辺のにぎわい創出事業(新たな水辺のにぎわいを創出する施設整備事業)助成金まとめ

東京都 水辺のにぎわい創出事業(新たな水辺のにぎわいを創出する施設整備事業)助成金について、対象となる事業や助成金の額などをまとめてみました。

東京都の水辺のにぎわいをもたらす事業について検討されている事業者はぜひ申請してみてくださいね。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。