人材確保等支援助成金(作業員宿舎等設置助成コース(建設分野)

こんにちは助成金co.jpです。

高齢化社会が進む中、建設業界では特にその傾向が強いのが特徴です

そのため、若い人や女性が建設業で働いてもらったり、定着率を上げたり、働き方に工夫をするなど、環境整備を急がなければなりません。

政府の対策として、建設業界に向けた助成金制度が存在します。

ここではそんな助成金制度の中で人材確保等支援助成金(作業員宿舎等設置助成コース(建設分野)についてご説明いたします。

 

人材確保等支援助成金(作業員宿舎等設置助成コース(建設分野)について

この助成金制度は人材不足に悩む建設業事業主に対し、金銭的なバックアップを行うものとして創設されました。

事業主は一定の基準を満たしていれば、申請し助成金を受け取ることが可能です。

どんな業界でも人材不足を解消するには離職率を下げ、長期間働いてもらえるような環境づくりが必要です。

ですが、実際にはそのための費用を捻出できない事業主がほとんどで、そのために役立つ助成金がこの人材確保等支援助成金(作業員宿舎等設置助成コース(建設分野)なのです。

目的

この助成金の目的は建設現場における宿舎などを設置し、働く環境の改善を図ることです。

被災3県(福島県、宮城県、岩手県)に作業員用宿舎や施設、賃貸住宅の賃借、女性専用の施設や賃貸住宅の賃借を行う場合、その費用を助成してくれます。

助成金額

助成金額は作業員宿舎などの経費助成については支払い額の3分の2までとなっており、月額だと3万円まで、年間の上限は200万円となっています。

なお、女性専用宿舎を設置する場合の助成額は支払い額の5分の3まで、月額3万円まで、年間の上限は60万円までとなっています。

助成の対象となる事業者

助成の対象となる事業者は作業員用宿舎などを助成する場合、中小の建設会社、女性専用の宿舎を建設する場合は元請けの中小建設会社となっています。

また、雇用管理責任者を専任していなければなりません。

募集期間

年間を通じて募集しています。

申請する事業主は労働基準局に計画書を提出しますが、事業を実施する2週間前までに計画書を作成し、提出しなければいけません。

なお、年間4回申請できます。

人材確保等支援助成金(作業員宿舎等設置助成コース(建設分野)まとめ

助成金は借り入れとは違い、返済の必要がないため非常に魅力的ですが、あまりに種類が多く手続きが複雑です。

そのため、面倒だと思われる事業主が多いのも事実です。

助成金の活用により人材不足の解消につなげられるよう、ぜひ積極的に利用してみてください。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。