人材確保等支援助成金(外国人労働者就労環境整備助成コース)

人材確保等支援助成金(外国人労働者就労環境整備助成コース)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

外国から来て日本で労働するものは、一般に日本の法制度や雇用形態の知識不足、言語的な誤解などから労働条件や解雇などトラブルが生じやすい傾向です。本助成金は、外国人特有の事情に配慮した就労環境整備を行い、外国人労働者の職場定着に取り組む事業主に対して、そのような経費の一部を助成します。

主な受給要件

(1)外国人労働者を雇用している事業主であること

(2)認定後の就労環境整備計画に基づき、外国人労働者に対する就労環境整備措置(1および2の措置に加え、3の~5いずれかを選択)を新規で導入し、外国人労働者対象に実施すること

    1. 雇用労務責任者の選任
    2. 就業規則等の社内規程の多言語化
    3. 苦情および相談体制の整備
  1. 一時帰国のための休暇制度
  2. 社内マニュアルや標識類等の多言語化

(3)就労環境整備計画期間終了経過後の外国人労働者の離職率が10%以下であること

受給額

◆生産性要件を満たしていな場合:支給対象経費の1/2(上限額57万円)
◆生産性要件を満たしている場合:支給対象経費の2/3(上限額72万円)

支給対象経費

  1. 計画期間内に、事業主から支払いが完了した以下の経費が対象。
    (1)通訳費(外部機関等に委託したものに限る)
  2. (2)翻訳機器導入費(事業主が購入した雇用労務責任者と外国人労働者の意
    思疎通に必要な翻訳機器の導入に限り、10万円を上限とする)
  3. (3)翻訳料(外部機関等に委託するものに限り、社内マニュアル・標識類等
    を多言語で整備するのに要する経費を含む)
  4. (4)弁護士、社会保険労務士等への委託料(外国人労働者の就労環境整備措
    置に要する委託料に限る)
  5. (5)社内標識類の設置・改善費(外部機関等に委託をする多言語の標識類に
    限る)

まとめ

上記のような機器、休暇などの工夫によって異国で家族と離れて生活する外国人労働者も職場内で意思の疎通が増え、ストレスフルな状況を乗り越えることができれば、逆に労働する職場に親近感を覚えてそれがモチベーションを高めることに繋がります。

職場環境も良くなり生産性向上が見込まれます。外国人労働者を雇用している事業主は是非応募しましょう。

人材確保等支援助成金(外国人労働者就労環境整備助成コース)はここから

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。