人材確保等支援助成金(若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース(建設分野))

賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

建設業界における人材不足が深刻化する中、若い方や女性の社会進出を後押しする制度が整備されつつあります。

若い人や女性が早期に職場に定着すれば、離職率を抑えられ人材不足を解消できるでしょう。

今回は人材確保等支援助成金(若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース(建設分野))について解説したいと思います。

人材確保等支援助成金(若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース(建設分野))について

現在のところ、建設業界は女性や若い方が働きやすい環境とは言いづらい状況です。

そのため、建設業界だけでなく、若い方や女性の活躍を推し進める環境づくりが進んでいます。

一般的に、建設業は肉体労働できついイメージがあり、実際はイメージと違う部分が多いことはあまり知られていません。

建設業界での仕事は何も肉体労働だけではなく、オペレーション業務や管理業務も存在します。

働く人が減少する中、人材不足を解消するためにはさまざまな働き方が選べる社会でなければなりません。

現在、建設業界への女性の進出は進んでいませんが今後、女性の活躍を推進する中小の建設業が生き残るのは間違いなさそうです。

そもそも、人材確保等支援助成金は以前からあるもので、建設業かどうかに関係なく利用できる助成金制度です。

ただ、建設業事業主が利用する際、建設分野となっている助成金を選ぶ必要があります。

その理由は他の業界とは違う独特な制度が存在するため、支給条件が違っていることを理解しておきましょう。

受給の対象となる事業主

この助成金を受給できる事業主は資本金または出資金の総額が3億円以下もしくは常時雇用する労働者が300人以下の建設事業主となっています。

また、

  1. 雇用保険適用であること
  2. 支給のための審査に協力する
  3. 申請期間中に申請する

などの条件を満たしていなければなりません。

申請する上の注意点

申請する際は事業所もしくは団体の所在地を管轄するハローワークもしくは労働基準局監督署に提出すると決まっています。

人材確保等支援助成金(若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース(建設分野))まとめ

助成金を受給することで若い方や女性が建設業界で活き活きと活躍できれば、事業主にとってもメリットが多いこの助成金制度。

うまく利用すれば、優秀な人材を集められるかもしれません。

建設業を営む中小の事業主はぜひ、この助成金制度を導入してみてはいかがでしょうか?

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。