中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)

中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

この記事は、中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)とはどういった助成金なのかを
出来るだけ分かりやすくまとめた内容となっております(2021/01/25現在)

助成金の種類や内容は様々で、厚生労働省のHPを見ても固有名詞が多すぎてイマイチ理解が
しにくいという方は多いと思います。

この記事を読むと、どういった助成金なのか・どんな人が貰える助成金なのかという大枠が
理解できます。

中途採用の予定がある企業は是非活用していきましょう。

中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)について

中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)

中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)とは、「中途採用者の雇用管理制度の整備」
をし、「中途採用者の拡大」を図った場合に支給される助成金です。
(一定時間後に生産性が向上した場合には追加の助成金が支給されます)

もっと簡単に言えば「中途採用を沢山雇う準備をした会社はお金がもらえる」という内容と
なっています。

では、①「中途採用者の雇用管理制度の整備と中途採用者の拡大」とは何なのか②「一定時間
後の生産性の向上した場合」とは何なのかを見ていきましょう。

①「中途採用者の雇用管理制度の整備と中途採用者の拡大」によって支給される助成金は「中
途採用拡大助成」と呼ばれます。

「中途採用拡大助成」は……

  1. 事業主が、労働者の中途採用の割合を増やすこと。
  2. もしくは、45歳以上の方を初めて中途採用する取り組みのため「中途採用計画」というのを
    労働局に提出・実施することで支給されます

②「一定時間後の生産性の向上した場合」に支給される助成金は「生産性向上助成」と呼ばれま
す。

「中途採用拡大助成」の支給を受けた事業主のうち、、一定期間経過後に生産性が向上した場
合に追加で支給される助成金です。

(生産性の向上とは、「中途採用拡大助成」で作成した中途採用計画の「計画期間初日が属する
「会計年度」の「前年度とその3年度後」の生産性を比較し、3年度後の生産性が6%以上向上
していることです)

受給額
・中途採用率の拡大では、50万円か70万円(これまで中途採用を行ったことがない場合はさらに
+10万円)

生産性向上助成では……
・中途採用の拡大で25万円
・45歳以上の方の初採用で30万円

中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)のまとめ

今までは新卒採用を中心としてきた企業で、人材確保が求められるような企業であれば、今回の
助成金の対象事業者となる可能性は非常に高いと言えます。

さらに、45歳以上の方の採用という事でキャリアに関係なく適用されますので、一事業所で一度
だけの助成金になりますが比較的簡単に取得できるので、是非活用しておきたい助成金です。

新卒の就職が不安定な今の時事問題的にも要チェックです

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。