両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)

両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)とは妊娠や出産、介護などで退職した方が復職する際、適切な評価や処遇を受けるため事業主を金銭的にサポートする助成金です。

ここではそんな両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)についてメリットなどをご紹介します。

人材確保にお困りの事業主のお役に立てばと思います。

両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)とは

両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)

そもそも、両立支援等助成金は6つのコースに分かれています。

その中の1つである、両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)は平成29年4月に創設された助成金制度です。

助成金を受給するメリット

では、この助成金を受給するメリットについて見てみましょう。

事業主にとって、新しい人材を確保するより、スキルや知識面でも過去に働いていた人材を再雇用する方が経験値が高いため、教育しなおす必要がなのがメリットです。

最近では大企業でも再雇用制度を導入しているところが増えているのが現状です。

働く人にとっても、出産や育児、介護などでいったん離職しても、再度元の職場に戻ることができるのは非常にありがたいため、双方にメリットがある制度だと言えます。

この助成金を活用することで、元の職場に戻りたいと考える従業員と人材をうまく活用したいと考える事業主の橋渡しをすることが可能です。

助成金支給の仕組み

この助成金が支給される仕組みは次の通りです。

支給は2回に分けて行われ、1回目は継続雇用6カ月後となっており、2回目は継続雇用1年後で、それぞれ2分の1ずつとなっています。

もちろん、2回目の支給対象となるのは1回目と同じ従業員なので、1回目の支給の後退職してしまった場合、2回目の支給は不可能となっています。

さらに、生産性要件を満たせば、受給額のアップも可能となっています。

両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)まとめ

両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)は出産や育児、介護などで離職した方にとっても、優れた人材を確保したい事業主にとってもメリットの多い助成金です。

この助成金を活用することで、さまざまな事情で離職した方が元の職場に戻るための環境が整い、安心して仕事をすることができます。

事業主にとっても、元々働いていた方を採用するため即戦力として期待できるでしょう。

人材確保にお困りの事業主はぜひ、この両立支援等助成金(再雇用者評価処遇コース)の活用を検討してみてください。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。