両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援コース)

両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援コース)

こんにちは助成金co.jpです。

両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援コース)

依然として終息の気配をみせない新型コロナウイルス感染症。感染拡大を防止すべく、企業においては引き続き、テレワークや時差出勤など「新たな働き方」の実現への模索が続いています。

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置として休業が必要とされた妊娠中の女性労働者が、安心安全に休暇を取得して出産し、産後も継続して活躍できる職場環境を整備する新たな助成金の「休暇取得支援助成金」について概観します。

女性労働者への配慮

両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援コース)

職場で特に配慮すべきは、妊娠中の女性労働者への対応。医師や助産師から指導を受けた妊娠中の女性労働者が事業主に申し出た場合、事業主には、作業の制限、出勤の制限(在宅勤務や休業)という指導内容に基づいた措置を講じる必要が生じます。

新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置に活用可能な「休暇崇徳支援助成金」

医師または助産師の指導により、妊娠中の女性労働者を休業させる必要が生じた際の対応として、「休暇取得支援助成金」を活用しましょう。本助成金は、下記3つの取り組みを行った事業主が申請可能な制度です。

助成金額は

◆対象労働者1人につき「有給休暇ののべ日数が5日以上20日未満の場合は25万円、20日以上の場合は20日ごとに15万円を加算した額(ただし上限は100万円)」

◆雇用保険の適用事業所ごとに「対象労働者20人」。

新型コロナウイルス感染拡大のような予期せぬ事態は、すべての企業にとって初めて経験する非常事態です。各現場において手探りの中での対応ですが、労務管理の専門家である社会保険労務士を活用しながら、必要な対策を検討し出来ること最大限に取り組むことが肝要です。

両立支援等助成金(新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援コース)まとめ

様々な要因によって影響を受ける出産、そして大過なく出産を終えた後も継続して働くことを可能にしてくれる本助成制度を可能な限り活用し、この異常事態を家族・仲間で共有し乗り越える努力を惜しむべきではありません。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。