両立支援等助成金(育児休暇等支援コース)

両立支援等助成金(育児休暇等支援コース)

こんにちは助成金co.jpです。

両立支援等助成金(育児休暇等支援コース)は、育児休業の取得促進に取り組む中小企業を支援する助成金です。

育休取得や職場復帰、代替人員の確保や職場復帰にかかる費用に助成金が充当されます。取り組みごとの支給額や支給条件があります。

一般に、第1子の出産を機に離職する女性は、46.9%にも上ります。

また、育児休業を取らずに働き続けた女性は13.8%という結果から、政府は育児休業の取得を推進する様々な制度を実施しています。

両立支援等助成金(育児休暇等支援コース)の具体的施策

両立支援等助成金(育児休暇等支援コース)

厚生労働省が支給する両立支援等助成金(育児休業等支援コース)では、育児休業を取りやすい職場に復帰できる職場環境の徹底を実現する中小企業支援の助成金です。

育児休業等支援コースの概要、両立支援等助成金(育児休業等支援コース)で助成金が支給される取り組みは、次に紹介の5種類です。

育休取得時は、3カ月以上の育児休業を取得させた際に

支給職場復帰時は、育児休業終了後、引き続き雇用保険の被保険者として6カ月以上雇用し、支給申請日に雇用している際に支給される

職場支援加算は、育児休業取得者の代替人員の雇用などを行わずに、従前から雇用している従業員が育児休業取得者の業務を代替する場合に支給される

代替人員確保時は、育児休業取得者の代替人員を確保した際に支給される

職場復帰後支援は、子どもの看護休暇制度か保育サービス費用補助制度を外注し、利用した場合に支給される

本コースの支給対象となる事業主は雇用保険要件を満たさなければなりません。また、中小企業以外は申請できません。さらに「生産性要件」とは、生産性を高めるために生産性を向上させた会社へ支給する助成金の金額を割増する制度です。

両立支援等助成金(育児休暇等支援コース)まとめ

主産・育児で離職するケースは、かなり法整備が進んだ今も女性にとっては厳しく、職場復帰が困難であることから設立されたコースです。

育休後のスムーズな職場復帰、子育てとキャリアを両立し、一層実力を付けた女性が事業所内で高い貢献度を発揮するための好機となる本助成金を有効活用して男女の雇用率が安定する本助成金を実現しましょう。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。