両立支援等助成金(出生時両立支援コース)

こんにちは助成金co.jpです。

両立支援等助成金とは女性が社会で活躍できるよう推進したり、従業員が仕事と育児、介護を両立できるようサポートするため、事業主へ助成金を支給する仕組みです。

そんな両立支援等助成金の中に出生時両立支援コースというのがあります。

この出生時両立支援コースについて、今回は詳しく解説したいと思います。

両立支援等助成金(出生時両立支援コース)について

そもそも、両立支援等助成金には次の6つのコースが設置されています。

  • 介護離職防止支援コース
  • 女性活躍加速化コース
  • 事業所内保育施設コース
  • 出生時両立支援コース
  • 育児休業等支援コース
  • 再雇用者評価処遇コース

この6つのうち出生時両立支援コースは男性が育児休暇を取るのを推し進める制度としてさまざまな事業主が利用しています。

わが国では未だに男性が育児休暇を取るのが難しい状況です。

そんな中、育児休暇を取りやすい環境づくりに積極的に取り組む事業主に対し、助成金を支給するのが目的で、別名を「子育てパパ支援助成金」と呼んだりもします。

では、出生時両立支援コース出生時両立支援コースの申請方法について見てみましょう。

申請期限

育児休業開始日より5日を経過する翌日~2か月以内に申請する

申請先

事業主の労務、人事機能が設置されている所在地の管轄労働局雇用環境・均等部に申請します。

直接出向くことができないなどの理由で郵送する場合は申請期間内に到着しているのが条件です。

受給額

この制度を利用する場合、中小企業だと男性の従業員に対し5日以上の育児休暇を与えることで、1人目の子どもに対し57万円支給されると決まっています。

さらに、特別な条件を満たせば72万円支給される場合もあります。

つまり、支給される従業員にとっても、事業主にとっても双方にメリットがある制度だと言えるでしょう。

もちろん、夫が育児休暇を取得することで、妻に精神的安定感が与えられるのは言うまでもありません。

両立支援等助成金(出生時両立支援コース)まとめ

全ての従業員が安心して働けるよう、事業主は働くための環境づくりが必要不可欠です。

そんな中、仕事と家事や育児、介護などと両立できるようこういった助成金を利用できると安心ですね。

また、休暇を取得した後もスムーズに仕事へ復帰できるよう事業主の努力も必要です。

出産や育児などの予定がある従業員がいる場合、この制度を利用することを検討しておくといいでしょう。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。