障害者作業施設設置等助成金

賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

障害者作業施設設置等助成金とは障害者を常用労働者として雇い入れるか継続して雇用する事業主で、その障害者が障害を克服し作業を容易に行えるよう配慮された施設または改造等がなされた設備の設置または整備を行う(賃借による設置を含む)場合に、その費用の一部を助成するものです。

障害者作業施設設置等助成金

設置・整備の方法により次の2つの助成金に分けられます。

  1. 第1種作業施設設置等助成金:事業主が作業施設等を工事、購入等により設置・整備することを助成するものです。
  2. 第2種作業施設設置等助成金:事業主が作業施設等を賃借により設置・整備することを助成するものです。

対象

1)雇い入れるまたは継続して雇用する障害者の障害者特性による就労上の課題を克服するための作業施設等の設置、整備を行う事業主です。

支給額

1) 第1種作業施設設置等助成金の助成上限

作業施設の場合は、障害者1人につき450万円

作業設備の場合は、障害者1人につき150万円

2) 第2種作業施設設置等助成金

作業施設の場合は、障害者1人につき月13万円

作業設備の場合は、障害者1人につき月5万円

対象となる障害者

身体障害者、知的障害者、精神障害、中途障害者となっています。(在宅勤務者)

障害者作業施設設置等助成金を利用するには、

  1. 「障害者助成金受給資格認定申請書」に必要な書類を添えて、定められた期間内に管轄する高齢、障害、求職者雇用支援機構の都道府県支部高齢、障害者業務課(東京、大阪は高齢、障害者窓口サービス課)へ提出し、受給認定を受けます。
  2. 受給資格認定後、期間内に「障害者助成金支給請求書」に必要な書類を添えて、受給資格認定書を提出した都道府県支部高齢、障害者業務課(大阪、東京は高齢者窓口サービス課)に提出します。

障害者作業施設設置等助成金まとめ

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。