両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)

両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)

こんにちは助成金co.jpです。

両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)は従業員の就労生活と家庭生活の両立支援や女性の活躍推進に取り組む事業主に支給する「両立支援等助成金」制度です。

こちらでは30年度の「女性活躍加速化コース」の内容について説明しています。

女性活躍加速化コース概要

両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)

◆ 数値目標成への取組目標を達成した場合に支給

◆業種に関係なく、常時雇用する労働者が300人以下の事業主のみが対象

◆数値目標の達成への取組目標を達成しその数値目標を達成した場合に支給

◆ 雇用労働者数に関わりなく支給対。

◆常時雇用する労働者数が300人以下の中小企業が数値目標達成と行動計画に基づく取組の結果、女性管理職比率が上昇し、支給申請日時点において15.0%以上である場合支給額が加算。

加速化Aコース 加速化Nコース 1企業につき1回限り常用労働者数300人以下 常用労働者数301人以上 受給できる額 28万5千円<36万円>

対象外 女性管理職比率が 基準値以上に上昇47万5千円<60万円> 28万5千円<36万円> 1企業につき1回限り常用労働者数300人以下常用労働者数301人以上 受給できる額 28万5千円<36万円>

対象外: 生産性要件を満たした場合は<>の額を支給

加速化Aコースとは

① 常時雇用する労働者が300人以下の事業主。

② 女性活推進法に基づき、自社の女性活躍の課題を含む一般事業主行動計画を立案。

③ 行動計画に取組 目標、取組実施時期を記載。

④ 長時間労働の是正等働き方改革に関する取組を行動計画 に含む。

⑤行動計画を労働者に周知している。

⑥行動計画を、「女性の活躍推進企業データベース」に公表。

⑦ 自社の女性の活躍情報を、「女性の活躍推進企業データベー ス」に公表。

⑧行動計画策定届を本社を管轄する都道府県労働局 に届出ている。

⑨行動計画の計画期間内に、取組目標を達成している。

⑩ 雇用関係助成金に共通の要件を満たしている。

★加速化Nコース ⑪ ②~⑩を実施した上で、数値目標を達成している。 ⑫ 数値目標の達成状況を「女性の活躍推進企業データベース」に公表している。⑬ 常時雇用する労働者が301人以上の企業は、⑪の数値目標の達成に 加えて、女性管理職比率を基準値以上に上昇。

まとめ

300人以下の中小企業で女性活躍推進が可能になる制度です。女性の働きが顕著であればデータベースに目に見える形で公開され、職場全体も鼓舞されます。

現場も活気づく本システム、是非取り入れたい制度です。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。