障害者介助等助成金

賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

ここでは障害者介助等助成金について記載していきます。

障害者介助等助成金とは

雇い入れるまたは継続して雇用する障害者の障害特性に応じた適切な雇用管理のために必 要な介助者の配置等の特別な措置を行う事業主を対象として助成するものであり、障害者の 雇用の促進や雇用の継続を図ることを目的としています

各助成金を受給する事業主は、次の要件のすべてを満たしていることが必要です。

1 各助成金ごとに定められた「対象障害者」を雇い入れまたは継続して雇用する事業主であること

2 各助成金ごとに定められた「対象となる措置」を実施しなければ、「対象障害者」の雇入れまたは雇用の継続が困難であると認められること(※1)

※1「障害者相談窓口担当者の配置助成金」においては、「対象となる措置」を実施することによって、対象障害者 の雇用の継続のために必要な合理的配慮の提供が推進されると認められること

3 不正受給による障害者雇用納付金制度助成金の不支給措置がとられていないこと

4 不正受給を行ったことにより返還金が生じている場合、当該返還の履行が終了しているものです

【重度障害者】

重度の障害を持つ方が仕事を行う上で事業が受け取れる助成金があります。

障害者雇用における重度障害者について記載していきたいと思います。

1.障害者雇用における重度障害者とは?

1.重度障害者とは?

障害者雇用における重度障害者は障害者雇用促進法に明確に定義づけられています。その定義は以下のとおりとなっています。

身体障害者で次のいずれかの場合

1)等級が1級、2級の人

2)等級が3級で重複の障害がある人

知的障害者で、次のいずれかの場合

1)療育手帳で程度が「A」とされている。

2)児童相談所又は知的障害者福祉法に規定する知的障害者更生相談所、療育手帳の「A」に相当する程度とする判定書をもらっている。

・障害者の雇用の促進等に関する法律に規定する障害者職業センターにより「重度知的障害者」と判定されている。

これ以外のケースは、重度障害者に該当しません。

【重度障害者雇用】

重度障害者を雇用するにあたり、事業が受け取れる助成金があります。

重度障害者等通勤対策助成金とは何か?

重度障害者多数雇用事業所施設設置等助成金とは何か?について記載していきたいと思います。

1.重度障害者等通勤対策助成金

2.重度障害者多数雇用事業所施設設置等助成金

1.重度障害者等通勤対策助成金

通勤が特に困難と認められる身体障害者を雇い入れるか継続して雇用している事業主、またはこれらの重度障害者等を雇用している事業主が加入している事業主団体が、障害者の通勤を容易にするための措置を行う場合に、その費用の一部を助成するものです。

2.重度障害者多数雇用事業所施設設置等助成金

対象障害者を多数継続して雇用し、これらの障害者が就労するために必要な事業施設等の 整備等を行う事業主に対して助成するものであり、障害者の雇用の促進や雇用の継続を図る ことを目的としています。