特定求職者雇用開発助成金(生活保護受給者等雇用開発コース)

特定求職者雇用開発助成金(生活保護受給者等雇用開発コース)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

わが国は現在、少子高齢化が進んでおり労働力の確保が難しい状況です。

そんな中、特定求職者雇用開発助成金(生活保護受給者等雇用開発コース)制度の推進により、高齢者や女性だけでなく社会的な弱者の方への支援も推し進められています。

今回は特定求職者雇用開発助成金(生活保護受給者等雇用開発コース)について、詳しく解説したいと思います。

特定求職者雇用開発助成金(生活保護受給者等雇用開発コース)について

特定求職者雇用開発助成金(生活保護受給者等雇用開発コース)

そもそも、特定求職者雇用開発助成金とは特定の条件に当てはまる方を雇用した際、給付される助成金を指します。

どんな方を雇用すると対象となるのか、どのような事業主が対象となるのか見ていきましょう。

  1. 対象となる人
  2. 対象事業主の条件
  3. 申請の流れ

対象となる人

なお、この対象となる方は次のいずれかの条件に該当していなければなりません。

  1. 生活に困窮している人
  2. 生活保護を受給している人
  3. 自治体からハローワークへ就労支援の要請がある、または連携して行われる就労支援の期間内である

他にも、被災地で職を失った方なども対象となり、就労を希望する方ほぼ全ての方が対象となる制度です。

さらに、自治体がハローワークに要請しその紹介で雇用すること、雇用後6カ月経ったらハローワークの職員が直接訪問し継続して働けるよう、サポートすることなどが条件となっています。

また、この制度は教育機関を卒業し、1年以上就労していない人を対象としていることも特徴となっています。

対象事業主の条件

特定求職者雇用開発助成金(生活保護受給者等雇用開発コース)を受給できる対象事業主の条件は次の通りです。

・対象となる労働者が65歳に達するまで雇用を継続し、2年以上雇用を継続すること

申請の流れ

では、申請の流れについて見ていきましょう。

  1.  ハローワークからの紹介で求職者を雇用する
  2.  ハローワークまたは労働基準局へ支給の申請を行う
  3.  申請について審査される
  4.  事業主に対し審査の結果が送付される
  5.  2期目以降も上記と同様に申請する

このような流れとなっています。

特定求職者雇用開発助成金(生活保護受給者等雇用開発コース)まとめ

特定求職者雇用開発助成金生活保護受給者等雇用開発コースとはどのような制度か、対象となる方、対象事業者の条件、申請の流れなどについて見てきました。

この制度を利用すれば、人材の確保と同時に給付金が受けられるため、雇用される方にとっても、事業者にとってもありがたい制度です。

ぜひ、当てはまる事業者は申請を検討してみてください。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!
パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。