小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金

こんにちは助成金co.jpです。

小規模事業者持続化補助金は商工会議所の支援を受けながら実施する、地道な販路開拓等(生産性向上)のための取組や、業務効率化(生産性向上)のための取組に対し支援が受けられます。ちらし作成費用、ネット販売システムの構築など、販売促進に関する経費補助を受けられるのが特徴です。

詳細はこちら

小規模事業者持続化補助金の給付額は?

小規模事業者持続化補助金は

小規模事業者持続化補助金は2種類あります。

一般型

小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人(以下「小規模事業者等」という。)が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします。

本補助金事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組や、あわせて行う業務効率化の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。

事業再開枠

<一般型>にあわせて、事業者が事業再開に向け、業種別ガイドライン等に照らして事業を継続する上で必要最小限の感染防止対策を行う取組について補助するものです。

・加えて、クラスター対策が特に必要と考えられる施設で事業を実施する事業者(特例事業者)については、さらに上限を50万円上乗せします。

※計画の作成や販路開拓等の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられます。

双方とも50万円です。

小規模事業者持続化補助金まとめ

コロナ禍のなか先を見通せるのは事業主にとっては安心して働けるので、社員は安心ですよね。それが会社の利益にもなるならなおさら嬉しいですよね。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。