地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)

賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

過疎化に悩む地域などで従業員を雇用する際、利用するとメリットの多い助成金があるのをご存じでしょうか?

それが地域雇用開発助成金です。

ただ、利用する際必要な条件や対象地域が決まっているため、詳しく知っておくと便利です。

今回はそんな地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)について詳しく解説してみたいと思います。

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)について

そもそも、地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)とは新たに従業員を雇用した際、受給できる助成金制度を指します。

ただ、対象となる地域は若い人の流出が激しかったり、雇用機会が不足している地域と決められています。

厚生労働省が指定した地域や、高齢者が多く求人の少ない地域でないと対象とならないため、注意しましょう。

助成金の目的

この助成金の目的は職を求める人の雇用環境改善です。

従業員が長く働いてもらうために、職場環境の整備や改善にぜひ利用していただきたいです。

受給条件

助成金を受給するには申請事業所で雇用を拡大するための整備や設置に必要な費用が消費税を含め300万円以上でないといけません。

経費として認められるものには賃借費や工事費、購入費などが挙げられますが、それぞれが20万円以上と決まっています。

ただ、経費と言っても認められるものとそうでないものがあるため要注意です。

申請の流れ

では、申請の流れについて見ていきましょう。

1.計画書を作成し提出する

計画書を作成し提出します。

2.計画の実行

計画書を提出したらその計画を実行します。

3.完了届を提出する

事業所で労働者を雇用し設置、整備を行ったら、完了届を労働基準監督署に提出します。

完了届の提出は計画書の提出から18カ月以内と決まっているため注意が必要です。

ただ、計画書を提出後18カ月が過ぎてから計画が完了する場合、完了した翌日から2か月以内に提出すればいいときまっています。

なお、完了届は厚生労働省のホームページからダウンロードできるので、利用するといいでしょう。

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)まとめ

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)について、詳しく解説しましたが、理解していただけたでしょうか?

特定の地域で従業員を雇用した際、利用できるこの助成金制度。

優秀な人材を確保するためにも、ぜひ積極的に活用したい制度です。

人材確保と共に、過疎化に悩む地域を活性化するのにも役立ちそうですね。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。