労働移動支援助成金(再就職支援コース)

労働移動支援助成金(再就職支援コース)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

現在、新型コロナウイルスの感染症対策により、私たちの生活は大きな打撃を受けています。事業の維持、雇用の維持により今の生活を守るために様々な助成金が設けられました。

今回の労働移動支援助成金(再就職支援コース)は新型コロナウイルスによる対応に限定はしていませんが、今回の件で事業規模の縮小を余儀なくされる会社も多いと思いますので、是非参考にしてください。

この記事では助成金の内容を出来るだけ分かりやすく、簡単に説明しています。

労働移動支援助成金(再就職支援コース)について

労働移動支援助成金(再就職支援コース)

簡単に概要を説明します。

労働移動支援助成金(再就職支援コース)とは、「事業の縮小等により離職を余儀なくされた労働者」に求職活動の為休暇を与えたり、職業紹介業者に委託をして「再就職支援をした事業主」がもらえる援助金です。

労働移動支援助成金(再就職支援コース)を支給するには「再就職援助計画」を作成し、公共職業安定所長の認定を受ける、もしくは「求職活動支援基本計画書」を作成し、都道府県労働局に提出しなければなりません。

また、厳しい経済状況下に解雇等をやむを得ず検討しなければならない場合であっても労使間の紛争を防止するために守らなければならないルールがあります。(賃金、退職金、休業手当の支払いなど)

労働者に対する支援にはいくつか支援があります。

①再就職支援…離職する労働者の再就職支援を職業紹介事業者に委託して再就職を実現させた場合の助成

  1. 訓練……再就職支援の一部として訓練を実施した場合に助成金を上乗せ。
  2. グループワーク……再就職支援の一部としてグループワークを実施した場合、助成金を上乗せ。

②休暇付与支援

離職が決定した労働者に対して求職活動のための休暇を与えた場合の助成

③職業訓練実施支援

離職する労働者の再就職のための訓練を教育訓練施設等に委託して実施する場合の助成

支給対象者一人当たりの金額は「中小企業事業主」と「中小企業事業主以外」さらに「通常」と「特例区分」に分けられます。

訓練やグループワークの実施をした場合にはそれぞれの費用によって助成金が貰えます。

金額自体は企業の、条件や対応によって細かく分けられていますので、さらに詳しく知りたい方は最後のまとめに厚生労働省のHPを乗せておきますのでそちらをご覧ください。

支給対象者は1年度1事業所あたり500人が限定です。

労働移動支援助成金(再就職支援コース)まとめ

①労働移動支援助成金(再就職支援コース)とは、「事業の縮小等により離職を余儀なくされた労働者」に求職活動の為休暇を与えたり、職業紹介業者に委託をして「再就職支援をした事業主」がもらえる助成金です。

②助成金を得るには「再就職援助計画」を作成し、公共職業安定所長の認定を受ける、もしくは「求職活動支援基本計画書」を作成し、都道府県労働局に提出しなければなりません。

1就職支援…離職する労働者の再就職支援を職業紹介事業者に委託して再就職を実現させた場合の助成。

  1. 訓練……再就職支援の一部として訓練を実施した場合に助成金を上乗せ。
  2. グループワーク……再就職支援の一部としてグループワークを実施した場合、助成金を上乗せ。

2休暇付与支援

離職が決定した労働者に対して求職活動のための休暇を与えた場合の助成。

3職業訓練実施支援

離職する労働者の再就職のための訓練を教育訓練施設等に委託して実施する場合の助成。

  1. 支給対象者は1年度1事業所あたり500人が限定です。
  2. 支給対象者一人当たりの金額は「中小企業事業主」と「中小企業事業主以外」さらに「通常」と「特例区分」に分けられます。また、訓練やグループワークの実施をした場合にはそれぞれの費用によって助成金が貰えます。
  3. 最後に、支給金額は企業の対応や条件、規模により細かく分けられていますので、詳しく知りたい方は厚生労働所のHPを下記URLから参照してご確認ください。

労働移動支援助成金(再就職支援コース)

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。