IT導入補助金(C類型・特別枠)【法人向け】

IT導入支援事業費補助金

こんにちは助成金co.jpです。

IT導入や販路開拓支援などを行う中小企業生産性革命推進事業において、IT導入補助金の補助率を従来の1/2から2/3に引き上げるIT導入補助金の特別枠(C類型)に関する公募要領を、サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局(一般社団法人サービスデザイン推進協議会)が公表しました。

令和2年の補正予算案に追加されたIT導入補助金C型が今回、コロナ対策として公募要領が公開されました。予算成立後に内容が確定となりますので内容に変更等がある場合ございますのであらかじめご了承ください。
詳細はこちら

IT導入補助金(C類型・特別枠)【法人向け】の給付額は?

IT導入支援事業費補助金

補助率が最大3/4に拡充最大450万円を補助

PC・タブレット等のハードウェアにかかるレンタル費用も補助対象

公募前に購入したITツール等についても補助金の対象になります

令和2年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)特別枠(以下、「C類型」)は、昨今の新型コロナ感染症が事業環境に与えた影響への対策及び同感染症の拡大防止に向け、具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備等)に取り組む事業者によるIT導入等を優先的に支援するために創設されたものです。

令和元年度補正のIT導入補助金(A類型・B類型)とは、制度等に一部異なる点がありますので、ご注意ください。

補助金の上限額・下限額・補助率

補助率
2/3以内(C類型-1)、3/4以内(C類型-2)
補助下限額・上限額
30万~450万円

詳細はこちら

IT導入補助金(C類型・特別枠)【法人向け】まとめ

ITを導入しようとしてもできない法人に対して、補助がでるのは安心ですよね。それが会社の利益にもなるならなおさら嬉しいですよね。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。