人材開発支援助成金(障害者職業能力開発コース)

人材開発支援助成金(障害者職業能力開発コース)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

障害者対象に職業能力開発訓練事業を実施する場合に事業主に助成するもので、本助成金は「対象となる事業主等」に該当する事業主等が、次の1とされた「訓練対象障害者」について、 厚生労働大臣が定めた教育訓練の基準に適う2の「障害者職業能力開発訓練事業」を行うために3とされるの「訓 練の施設または設備の設置・整備または更新」をするまたは2の「障害者職業能力開発訓練事業」を行う場合に受給できます。

1 訓練対象障害者 本助成金の「訓練対象障害者」は次の(1)および(2)に該当する者。

人材開発支援助成金(障害者職業能力開発コース)助成内容

人材開発支援助成金(障害者職業能力開発コース)

次の①~⑥のいずれかに該当する者

  1. 身体障害者
  2. 知的障害者
  3. 精神障害者
  4. 発達障害者
  5. 高次脳機能障害のある者
  6. 次の表に掲げるいずれかの難治性疾患を有する者

(2)ハローワーク申込みを行い、障害特性、能力、労働市場の状況等から、職業訓練 を受けることが必要とハローワーク所長が確認し、その旨を支給対象となる事業主等に対し、職業訓練受講通知書により通知された者 2 障害者職業能力開発訓練事業 本助成金の対象となる障害者職業能力開発訓練事業は、障害者の職業に必要な能力開発向上のための訓練であって、厚生労働大臣が定める基準に適う教育訓練とし、

次の(1)~(10)の要件を全て満たすもの。

(1)運営管理者 教育訓練の施設の運営を管理する者は、障害者の能力開発し、向上する訓練に必要な知識を有し、厚生労働大臣が定める基準に適う訓練、または当該事業と同等と認められる訓練の事業経験をおおむね5年以上有する者

(2)訓練期間、6月以上2年以内 訓練期間は、訓練の目標、カリキュラムの内容等に一致があること

(3)訓練時間- 154 – 訓練時間は、訓練期間が6月以上の場合にあっては、6月間について700時間を基準とすることなど

人材開発支援助成金(障害者職業能力開発コース)まとめ

条項があまりにも多く、全てをここで述べることはできません。障害者対象の肉体的な教育訓練ですから、厚生労働省からトップダウンで厳しい細目の規定があります。

しかしそれを忍耐し労働能力を上げることができれば、その先には就労の大きな喜びが待っています。事業主にも障害者にも訓練者にも団結してマスターしたい制度です。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。