人材開発支援助成金助成金(建設労働者技能実習コース)

人材開発支援助成金助成金(建設労働者技能実習コース)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

人材開発支援助成金(建設労働者技能実習コース)」は、中小建設事業主等が雇用する建設労働者に有給で技能実習を受講させた場合に、その経費や賃金の一部を助成する制度です。

人材開発支援助成金助成金(建設労働者技能実習コース)対象講習会

人材開発支援助成金助成金(建設労働者技能実習コース)

足場の組立て等作業主任者技能講習・足場の組立て等特別教育・フルハーネス型墜落制止用器具特別教育・低圧電気取扱業務特別教育・除染等業務従事者特別教育・巻上げ機運転特別教育・巻上げ機運転特別教育(学科・実技)

 受給対象事業主

◆資本金または出資の総額が3億円以下、または常時雇用する労働者数が300人以下の建設事業主であること

◆建設の事業として、雇用保険料率12/1,000(令和2年度)の適用を受ける事業主であること

◆事業主からの業務命令で、建設労働者が受講すること

◆受講者が雇用保険の被保険者であること

◆受講者である建設労働者に、所定労働時間内に受講させ、その場合に支払われる賃金の額以上の賃金を支払っていること

◆雇用管理責任者を選任していること 

助成額

①雇用保険被保険者数が20人以下の中小建設事業主

対象金額×3/4②雇用保険被保険者数が21人以上の中小建設事業主

35歳未満の労働者 → 対象金額×7/10
35歳以上の労働者 → 対象金額×9/20

◆被災三県の岩手県、宮城県、福島県は、上記の①の中小建設事業主の場合は全額を助成し、②の中小建設事業主の場合は、年齢に関係なく助成率は4/5となる

◆生産性向上助成は、対象金額×3/20を上乗せする

◆中小建設事業主以外の建設事業主が、女性建設労働者に技能実習の行う場合は対象費用×3/5となる

◆1つの技能実習について、1人あたり10万円が限度

人材開発支援助成金助成金(建設労働者技能実習コース)まとめ

被災地で救助活動を続けたのは専門職の人ばかりでなく避難場所の設置や仮設住宅の建設に当たった建設業の方々でもあります。

本助成はそのような場で一層技を磨いて救助活動に当たれるようなプロを目指して、講習では全てのプログラムが立案構成されています。

本助成金を救助目的に受講された方は再度天災が起きたときにその能力を発揮して救援に貢献されることでしょう。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。