人材開発支援助成金(教育訓練休暇付与コース)

人材開発支援助成金(教育訓練休暇付与コース)

こんにちは助成金co.jpです。

人材開発支援助成金(教育訓練休暇付与コース)は、労働者が休暇に行う訓練や研修を支援する助成金です。

助成金の対象となる2つの制度、「教育訓練休暇制度」や「長期教育訓練休暇制度」の特徴について考察します。人材開発支援助成金(教育訓練休暇付与コース)は、労働者が休暇返上して行った訓練の経費、賃金を支援する助成金です。

教育訓練休暇制度

人材開発支援助成金(教育訓練休暇付与コース)

事業主以外が行う教育訓練を雇用保険の被保険者が受けるために、有給休暇を与えて、職業能力の開発や向上を促進する制度です下記を満たす必要があります。

  1. 3年間に5日以上の取得可能な有給の教育訓練休暇制度を制度・導入適用計画に則り、就業規則又は労働協約に制度の施行日を明記の上、規定するものであること。有給の教育訓練休暇は全ての被保険者に付与するものであること
  2. 制度を規定した就業規則又は労働協約を施行日までに雇用する全ての労働者に周知し、就業規則については施行日までに管轄する労働基準監督署へ届け出たものであること。また労働協約については、施行日までに締結されたものであること等。

長期教育訓練休暇制度

事業主以外が行う教育訓練を被保険者が受けるために、有給・無給の長期にわたる休暇を与え、職業能力の開発や向上を促進する制度です。

そのため、下記を満たしている必要があります。

  1. 当初休暇取得日より1年の間に120日以上の教育訓練休暇の取得が可能な長期教育訓練休暇制度を就業規則又は労働協約に当該制度の施行日を明記して規定すること
  2. 制度を規定した就業規則又は労働協約を施行日までに雇用する全ての労働者に周知し、就業規則については施行日までに管轄する労働基準監督署へ届け出たものであること。また労働協約については、施行日までに締結されたものであること
  3. 労働者が業務命令でなく、自発的に教育訓練、各種検定、キャリアコンサルティングのいずれかを受講する必要があること

教育訓練休暇制度と比べて休暇の期間が長く、無給でも条件をクリアできることが特徴です。

まとめ

労働者がステップアップするために有給休暇を使って各種技能を取得し、よりスキルのある働き手となることができるようになる制度です。

事業主が助成の手続きをしてくれるので細かい規定がありますが、クリアしてさらなる可能性に挑戦しましょう。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。