人材開発支援助成金(建設労働者認定訓練コース)

賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

助成金にもさまざまなものがありますが、建設事業主に向けた助成金が存在するのをご存じでしょうか?

これは建設事業主に対し、労働者を雇用したり、職場環境を整えたり、労働者の技能向上のための訓練にかかる費用を助成するものです。

そんな、建設事業主向けの助成金の中の人材確保等支援助成金(作業員宿舎等設置助成コース(建設分野)について解説します。

人材確保等支援助成金(作業員宿舎等設置助成コース(建設分野)について

人材確保等支援助成金には7つのコースがあります。

建設事業主向けのものは2つとなっており、その中にこの助成金制度があります。

建設事業者が従業員の技能向上のための訓練を行った場合、その経費や訓練期間中の賃金の一部を負担する制度として知られています。

助成金を申請するメリット

この助成金を申請することでどのようなメリットがあるのか見てみましょう。

助成金を申請する最大のメリットは事業主の負担が軽くなることです。

特に中小企業の建設業事業主に対し、手厚い助成あるため、これまで手をつけにくかった事業主にとって、従業員のキャリアップに注力しやすくなっています。

また、事業主が積極的にキャリアップに取り組むことで、従業員のキャリアップ志向を高めることもできます。

申請するための条件

この助成金を申請するためには4つの条件を満たしていなければなりません。

  1. 社会保険、雇用保険に加入している
  2. 正社員もしくはパートを1名以上雇用していること
  3. 会社の集うで半年以内に従業員を解雇していない
  4. 労務違反(残業費未払いなど)をしていないこと

となっています。

申請期間

この助成金を利用する場合、訓練実施前に申請する必要はありません。

支給の申請を行う場合、訓練終了日の翌日~2か月以内に書類を提出しなければなりません。

必要書類については厚生労働省のサイトを参考にするといいでしょう。

人材確保等支援助成金(作業員宿舎等設置助成コース(建設分野)まとめ

建設業界では非正規雇用の従業員が多い上、スキルアップに取り組めない事業主も多いです。

また、中小企業の事業主のほとんどが下請けや孫請けなどで、非正規で従業員を雇わざるを得ないのが実状です。

この助成金を活用することで、こういった問題を解決することができるため、ぜひ活用していただければと思います。

従業員のスキルアップに努めたい中小の建設事業主はぜひ検討してみてください。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。