人材開発支援助成金(建設労働者認定訓練コース)

人材開発支援助成金(建設労働者認定訓練コース)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

人材開発支援助成金(建設労働者認定訓練コース)厚生労働省が設けている助成金の中には、「建設事業主等に対する助成金」があります。本助成金は、建設事業主等に対して建設労働者の雇用の改善や建設労働者の技能の向上訓練等を行った場合に、助成金を支給するというものです。

人材開発支援助成金(建設労働者認定訓練コース)

人材開発支援助成金(建設労働者認定訓練コース)

簡単に言えば、建設業に従事する従業員の技能向上のために訓練を実施した場合等に、助成金を支払うものです。

大きく分けて、「経費助成」「賃金助成」の2種類と、「生産性向上助成」の、計3種類があります。

「経費助成」は、訓練等にかかった経費に対し助成金を支払うものです。受給対象の団体、受給対象の訓練、助成額や申請の手続きといった内容を細かく見ます。

受給対象者

特定の要件を満たす中小建設事業主または中小建設事業主団体。

助成額

広域団体認定訓練助成金の支給又は、認定訓練助成事業費補助金の交付を受けて都道府県が行う助成対象経費とされた額の1/6相当額です。

支給申請手続き

申請期限は、都道府県から通知を受け取った翌日から2ヶ月です。それ以降は申請をしても助成金を受けられません。

賃金助成

雇用する建設労働者に、有給で認定訓練を受講させた中小建設事業主に対して助成金を支払うことを目的としています。この「賃金助成」とは、雇用する建設労働者に、有給で認定訓練を受講させた中小建設事業主に対して助成金を支払うことを目的としています。

受給対象

受給対象となるのは、以下の要件を満たす中小建設事業主です。この「賃金助成」の場合は、中小建設事業主団体は支給の対象外となります

要件

雇用保険法施行規則第125条第2項の人材開発支援助成金(特定訓練コース、一般訓練コース)または、同条第7項の人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)の支給決定を受けた者。

人材開発支援助成金(建設労働者認定訓練コース)まとめ

建設現場での優遇や建設技術の向上を目指して事業主が労働者に対しての環境整備のため支給される助成金です。

有効活用して現場で働く労働者の満足度を高めまたスキルアップも目指せる助成制度を職場で大いに利用しましょう。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。