国民健康保険料(税)の減免に対する財政支援【個人・個人事業主】

企業主導型ベビーシッター利用者支援事業(特例措置)【個人・法人向け】
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

新型コロナウイルス感染症によって、小学校等の臨時休業等になった場合に、保護者が仕事を休んだり放課後児童クラブ等も利用できず、ベビーシッターを利用した場合の利用料金を補助するものになります。以下は、個人で就業する方向けの措置内容です。

これは個人も法人も使えるので覚えておくと便利です。

詳細はこちら

国民健康保険料(税)の減免に対する財政支援【個人・個人事業主】の給付額は?

【減免額の計算式】
対象保険料(税)額 × 減額又は免除の割合 = 保険料(税)減免額
(A×B/C)
【表1】
対象保険料(税)額=A×B/C
A:当該世帯の被保険者全員について算定した保険料(税)額
B:減少することが見込まれる事業収入等に係る前年の所得額
(減少することが見込まれる事業収入等が2以上ある場合はその合計額)
C:被保険者の属する世帯の主たる生計維持者及び当該世帯に属する全て
の被保険者につき算定した前年の合計所得金額
【表2】
前年の合計所得金額 減額又は免除の割合(d)
300万円以下であるとき 全部
400万円以下であるとき 10分の8
550万円以下であるとき 10分の6
750万円以下であるとき 10分の4
1000万円以下であるとき 10分の2

国民健康保険料(税)の減免に対する財政支援【個人・個人事業主】まとめ

国民健康保険料(税)の減免に対する財政支援があると、社員は安心ですよね。それが会社の利益にもなるならなおさら嬉しいですよね。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。