障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)

障害者作業施設設置等助成金
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」のうち企業在籍型職場適応援助者による支援は、企業が雇い入れる障害者に対して「企業在籍型職場適応援助者」を置き、助成対象者が職場に適応できる援助を行わせる事業主に対して助成されます。

「障害者雇用安定助成金(障害者職場適応援助コース)」とは

障害者作業施設設置等助成金

本制度は障害者の職場適応および定着の促進を図ることを目的とします。

対象労働者

次の(1)~(4)のすべてに当てはまる方が対象労働者となります。

  1.  次のいずれかに該当する方 ① 身体障害者 ② 知的障害者 ③ 精神障害者 ④ 発達障害者 ⑤ 難治性疾患のある方 ⑥ 高次脳機能障害のある方 ⑦ ①~⑥以外の障害者であって、地域センターが作成する職業リハビリテーション計画のある方
  2.  雇用保険被保険者または雇用保険被保険者になろうとする方
  3. 当該対象労働者のための支援計画3がある方
  4. 本助成金のうち訪問型職場適応援助者による支援対象者として支援されていない方

 

支給対象となる企業在籍型職場適応援助者による支援内容

ここでは、実際に助成対象者が労働しやすくなる支援計画を立てます。支援計画に基づく対象労働者の職場適応を図るために①~④の支援内容を整えます。

① 支援対象労働者と家族に対する支援

② 事業所内の職場適応体制確立に向けた調整 ③ 関係機関との調整

④ その他の支援(地域センターが必要と認めて支援計画に含めた支援)

助成金応募に向けて

企業在籍型職場適応援助者になるには6項目すべての要件を満たす必要があります。

主として適切な職場適応援助者になれるための条件です。

事業主が助成金を受給できる要件として、こちらも複数件あります。主として健全な環境で助成対象者が労働できるかを判断するものです。

まとめ

本助成金の当初の目的は、あくまでも「障害者の職場適応および定着の促進を図ること」でした。

企業は期限に制約がある中で、いかにして雇い入れた助成対象者の職場への適応と定着を図れるか、次なる職場に自信を持って申請し雇用されることが可能になるかを考慮して、将来像を考えながら仕事を教える必要があります。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。