65歳超雇用推進助成金(高年齢者無期雇用転換コース)

65歳超雇用推進助成金(高年齢者無期雇用転換コース)

こんにちは助成金co.jpです。

本助成金は、高年齢者が意欲と能力ある限り年齢に関わらず就労できる「生涯現役社会」を実現するため、定年引上げ65歳以上や高年齢者の雇用管理制度の整備等、高年齢の有期契約労働者の無期雇用への転換を実施する事業主に受給し、以下3コースからなります。

  1. 65歳超継続雇用促進コース
  2. 高年齢者評価制度等雇用管理改善コース
  3. 高年齢者無期雇用転換コース

主な受給要件(高年齢者無期雇用転換コース)

65歳超雇用推進助成金(高年齢者無期雇用転換コース)

本コースは、次の1.~2.によって50歳以上で定年未満の有期契約労働者を無期雇用労働者に転換させた場合に受給できます。

無期雇用転換計画の認定

「無期雇用転換計画」を作成し、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長に提出してその認定を受けること。

無期雇用転換措置の実施

無期雇用転換計画に基づき、当該計画の実施期間中に高年齢の有期契約労働者を無期雇用労働者に転換すること。

この他雇用関係助成金共通の要件など、いくつかの受給要件がありますので、詳しくは下記の「お問い合わせ先」まで。

高年齢者無期雇用転換コース

本コースの支給額は、無期雇用転換計画期間内に無期雇用労働者に転換された対象労働者1人につき48万円(中小企業以外は38万円)受給できます。

生産性要件を満たした事業主については、対象労働者1人につき60万円(中小企業以外は48万円)受給できます。

ただし、支給申請年度の対象労働者の合計人数は、転換日を基準に適用事業所当たり10人までです。

◆お問い合わせ先(相談・申請窓口) (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構の都道府県支部高齢・障害者業務課等

まとめ

生涯現役の働き方改革の大きな骨子は超高齢化・十分就労できる高齢者層のせめぎ合いを解決する新たな試みです。本助成制度を利用して、人材としての高齢層とその他の年齢層がインタラクションを通して共に学び合って益々企業の経営能力も上昇することが見込まれています。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。