雇用調整助成金(特例措置)

雇用調整助成金(特例措置)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置の延長(令和3年2月28日まで)に伴い、新型コロナウイルス感染症の影響により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主は、雇用調整助成金を雇用調整助成金は、通常、1年の期間(対象期間)内に実施した休業等について受給することができます。

そこで新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置の延長に伴い、1年を超えて引き続き受給することができます。

【特例措置延長後】

令和3年1月24日

1年間を超えて受給可

(例)令和2年1月25日(休業の初日)休業の実施 ⇒ 受給可 休業の実施⇒ 受給可

1年を超えて引き続き受給することができます。

申請や概要などはこちらから

雇用調整助成金(特例措置)とは

雇用調整助成金(特例措置)

コロナの影響を受け、従業員を休業させた場合の「人件費(休業手当)が補助」される制度です。

1名が20日休業すると約30万円受給できる可能性があります。休業1名あたり上限15000円/日、中小企業の助成率は100%です。

特例措置により既に休業開始していても計画届を出せば事後申請が認められています。

受給額最大3000万円

雇用調整助成金(特例措置)まとめ

資金繰りに困っていた事業者には助かる制度です。

これはコロナ関係のコロナ対策・支援制度になるので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。