キャリアアップ助成金(健康診断制度)

キャリアアップ助成金(健康診断制度)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

キャリアアップ助成金(健康診断制度)は有期契約労働者等に対して法定外の健康診断制度を新たに規定し、実施した事業主に対して助成する ものであり、健康管理体制の強化を通じた有期契約労働者等のキャリアアップを目的としています。

キャリアアップ助成金(健康診断制度)対象労働者と恩恵

キャリアアップ助成金(健康診断制度)

本助成金制度は、下記の「対象となる事業主」に該当する事業主が、 実施ガイドライン通りに1の対象者に対して2、3の措置を実施した際に受給できます。

本助成金は、下記の「対象となる事業主」に該当する事業主が、 実施ガイドラインに沿って、1の対象労働者に対して2と3の措置を実施した場合に受給できます。

ガイドラインは厚生労働省ホームページに掲載してあります。

厚生労働省ホームページ「有期契約労働者等のキャリアアップに関するガイドライン」

1 対象労働者 本助成金における「対象労働者」は、申請事業主が雇用する次の(1)~(4)の全てに該当する労働者です。

(1) 有期契約労働者等であること。次のアおよびイに該当する者以外のものの必要があります。

ア 期間のない労働契約により使用される者(期間の定めのある労働契約により使用される者であり、当該契約期間が1年以上である者そして契約更新により1年以上使用されることが 予定されている者と1年以上引き続き使用されている者を含みます)

イ その者の1週間の労働時間数が当該事業場において同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定 労働時間数の3/4以上の者

(2)雇入時健康診断もしくは定期健康診断または人間ドックを受診する日に、申請事業主の事業所にお いて、雇用保険被保険者であること

(3)健康診断制度を新たに設け実施した事業所の事業主または取締役の3親等以内の親族以外の者であ ること

(4)支給申請日において離職していない者であること 2キャリアアップ管理者の配置・キャリアアップ計画の認定 ガイドライン通り、事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置するとともに、「キャリアアッ プ計画」。を作成して、それについて管轄の労働局長の認定を受けたこと。

キャリアアップ助成金(健康診断制度)まとめ

有期契約社員も正社員同様健康で就労することが要件です。

それにはまずキャリアアップを見据えて再社員と平等に健康診断を受ける権利があり、それもキャリアアップの一つの条件であるという制度です。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。