キャリアアップ助成金(賃金規定等共通化コース)

キャリアアップ助成金(賃金規定等共通化コース)

こんにちは助成金co.jpです。

キャリアアップ助成金(賃金規定等共通化コース)は、非正規雇用の労働者に対して、正規雇用の労働者と共通の、職務に応じた賃金規定を新たに作成適用することで事業主が受給できる助成金です。

支給される金額は、適用された人数が増えるほど増額されます。

キャリアアップ助成金(賃金規定等共通化コース)の支給額

支給額は中小企業かそうでないかで異なります。中小企業の場合、助成対象となる賃金規定を導入した後得られる助成金は1事業所当たり57万円。

それ以外の場合、42万7500円。賃金規定を共通化した労働者が増えると、1人につき中小企業は2万円、それ以外は1万5000円が追加で支給されます。

なお、支給されるのは2人目以降で、受給できる人数は最大20人までです

生産性要件が適用される条件

生産性を高める取り組みを支援するために、生産性を向上させた会社へ支給する助成金の金額を割増する制度が生産性要件です。生産性要件が適用される条件は、下記いずれかです。

1. 助成金の支給申請を行う直近の会計年度における生産性が、その3年度前に比べて6%以上伸びていること

2. 助成金の支給申請を行う直近の会計年度における生産性が、その3年度前に比べて1%以上(6%未満)伸びていること

生産性要件が適用された場合、中小企業であれば、最大で112万円を受給することができます。対象労働者の条件は5項目、対象になる事業主の条件は10項目です。

賃金規定等共通化コースは、有期雇用と正規雇用と共通の賃金規定を就業規則に規定することが求められます。有期雇用と正規雇用との比較評価になるので、正規雇用の労働者と同じ業務を行っているのであれば、同一の賃金を支払うことになります。

まとめ

キャリアアップ助成金(賃金規定等共通化コース)は、賃金規定の整備により受給できるので、受給競争率はそれほど高くはありません。社会保険労務士のような専門家でなくても、事業主や社員が申請することもできるます。

その際には申請書類をもれなく揃え、滞りなく申請し実現することが何より重要です。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA