キャリアアップ助成金(諸手当制度共通化コース)

キャリアアップ助成金(諸手当制度共通化コース)
賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

こんにちは助成金co.jpです。

キャリアアップ助成金(諸手当制度共通化コース)は、非正規労働者の待遇改善を進める企業を支援する目的で作られた制度で、従前正規社員のみ住宅手当や皆勤手当、通勤手当などが支給され、非正規雇用社員には支給されない実態が多数です。

上掲状況を打破すべく設けられた諸手当制度共通化コースは、非正規雇用労働者等に関して正規雇用労働者と共通の諸手当制度を新たに設け助成するコースです

キャリアアップ助成金(諸手当制度共通化コース)の成立背景

キャリアアップ助成金(諸手当制度共通化コース)

働き方改革や同一労働同一賃金など、非正規雇用労働者の問題は、優先順位の高い課題となっています。

非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップや賃金アップなどを促進するものとして、キャリアアップ助成金制度が2013年に成立しました。

賃金格差においては、既によく知られているように、基本給以外の賞与や手当などについても正規社員・非正規社員間で格差があります。

2018年6月29日に成立した働き方改革法では、同一労働同一賃金制度が大手では2020年4月から、中小企業は2021年4月からの運用が定められています。

同一労働同一賃金のガイドラインには「基本給以外の賞与や手当」に関する項目もあり、諸手当の共通化はすぐにでも対応しなければならない問題です。

諸手当制度共通化コース

諸手当制度共通化コースとは、非正規労働者の処遇改善を促進する企業を支援するという目的で成立した制度で、現状、正規社員のみ住宅手当や皆勤手当、通勤手当などが支給され、非正規雇用社員には支給されない実態が数多くあります。

そのような状況を打開すべく設立された諸手当制度共通化コースは、有期契約労働者等に関して正規雇用労働者と共通の諸手当制度を新たに設置し、適用した場合に助成するコースです。

まとめ

働き方改革の新しい風に乗って、従来賞与など、非正規雇用者には無縁と最初から考えられてきた手当まで正規社員と同等の扱いがされるようになっていきます。

さらに同じくキャリアアップ助成制度の中の正社員化が進めば、誰もが不平等感を感じることなくステップアップすることができる職場環境が達成されます。

事業主のかたは結果利潤を生みだすこの制度を積極的に取り入れて、景気回復に多く貢献することになります。

これは大切な支援制度だと思います。しかし、助成金なので期間が決められています。

なので、ちゃんと調べておかないと取りこぼしたら大変ですよ。

自分がいくら貰えるのか給付金・助成金をいますぐ見直して申請しましょう。!!

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。