地域雇用開発助成金(沖縄若年者雇用促進コース)

こんにちは助成金co.jpです。

現在、沖縄県では他の地域と比べ、各段に若者の失業率が非常に高い状況です。

この状況を改善するため、35歳未満の労働者を雇用した事業主に対し、助成金を支給する制度があります。

ここでは、そんな特定求職者雇用開発助成金(被災者雇用開発コース)について詳しく解説しますので、沖縄県の事業者の参考になればと思います。

地域雇用開発助成金(沖縄若年者雇用促進コース)について

この被災者雇用開発コースは対象となる労働者の雇用について個々に助成するもので、条件さえ満たしていれば地域開発コースと同時に受給することが可能です。

対象となる事業主の条件

なお、受給の対象となる事業主の条件は次の通りです。

・沖縄県に居住する35歳未満の労働者を3人以上の求職者を常時雇用すること

その際、雇用保険一般被保険者として雇用し、助成金支給後も継続して雇用すること

・沖縄県で計画日より完了日までの期間合計300万円以上の事業所の設置や整備を行うこと

となっています。

なお、期間が決まっている事業において、事業が終了後雇用関係が終了するものについては対象外となっています。

さらに、事業が完了後6カ月経過した日までに事業主の都合により従業員を離職させたり、4人以上の従業員の離職がある場合も対象外です。

h3対象となる従業員の条件

この助成金を申請する事業主は一定の条件を満たした労働者を計画日より24か月以内に3人以上雇用しなければなりません。

対象となる従業員の条件は次の通りです。

  1. 沖縄県内に居住している
  2. 雇用した時点で35歳未満である(新卒者以外)

なお、雇用したことで沖縄県に転居した者や県外から転居した者、雇用した日の前日から過去3年の間に事業主と雇用関係にあった者などは対象外となっています。

支給額

支給額については従業員1人当たり支払う賃金に対し3分の1(中小企業の場合は4分の1)と決まっています。

対象期間

助成の対象となる期間は1年間と決まっており、従業員の定着状況がいい場合2年間となっています。

地域雇用開発助成金(沖縄若年者雇用促進コース)まとめ

地域雇用開発助成金(沖縄若年者雇用促進コース)について、受給の条件などをご紹介しました。

この助成金制度は沖縄県で職を求める若者と優秀な若い人材を求める事業者双方にメリットのある素晴らしい制度です。

失業率の高い沖縄県の事業主の方はこの機会に助成金申請を検討してみてはいかがでしょうか?

パソコン、タブレット、スマホからでもできる診断システムで1分で分かります。